アタバッグ・アタ雑貨。アタ製品は臭い?

アタ製品は独特の香りがします、それはなぜか?

バリ島には、「乾季と雨季」の2つの季節があります。

乾季は割と涼しくて雨が降らず、乾燥しています。

そして、雨季は暑い日が続き、直射日光が強い。

そして昼からスコールが降り、ジメジメした日が続く、そんな感じです。

植物で編んだアタ製品にとっては、かなり過酷な気候状況です。

実は、アタ製品を長く使うために「燻し」と言う技法を使っているのです。

編んでから、釜の中で椰子の実の皮を燃やし、その煙で3日ほど燻します。

ココナッツを燃やした煙は、アタ製品に染み込み、防虫と防カビ効果を得られます。

椰子の実は糖分を持っており、燃やすと油になる為に、アタ製品の表面に皮膜も作ります。

この皮膜が、湿気から守ることに役立っているのです。

この技法を用いることで、過酷な気候条件のバリ島で、長く使うことができるのです。

「囲炉裏の匂い」「燻製の匂い」に近い、良い香りがします。

ごく稀に「匂いが苦手」と仰る方もいます。

もしかして、防腐剤や防虫剤を使ったアタ製品や、またアジアン雑貨に嫌気がさしているのかも知れません。

いちど、Rosilyのアタ製品を手にとってみてください。

Rosilyのアタ製品は伝統工法を守っており、一切の化学薬品は使っていません。

「これならいいかも」と思ってくれるかも知れません。

どうしてもこの香りが苦手な方は、残念ですがお勧めいたしません。

本物の香りでも、やはり苦手な方がいらっしゃいます。

香りは、半年から1年ほどは消えません。

香りがないアタ製品は偽物であり、Rosilyは「燻し無し」では作りません。

Rosilyのアタ製品は、本物です。

アタ製品の可愛さに加えて、その香りもぜひ楽しんでいただければと思います。