Rosilyは 「買い付け」を行ないません。

Rosilyのアタ製品は、すべて注文生産です。

技術の高い職人だけに、Rosilyの希望を伝え、伝統工法のみで作っています。

バリ島やカリマンタン島の植物「アタ」だけを使い、トゥガナン村の職人が編んでいます。

編み上げてから、釜で燻して天日干しする、手間隙のかかる伝統工法を守って作っています。

私たちは「買い付け」を行いません、全て「注文」しているのです。

アタ製品とケタック製品。

バリ島のトゥガナン村で作られたものが「アタ製品」と呼ばれています。

ロンボク島で編まれたのは、アタとよく似た植物ケタックで編まれており、「ケタック」と呼ばれています。細かく割けないためにアタよりも太くなり、また職人の腕によって綺麗に編めない場合も多いです。(※ 植物の産地、職人の技術、化学品仕様の有無など複雑に絡み合い、完全な定義は難しいです)

大手販売店では、品質表示シールに「ケタック」と記載して販売しています。

ケタックは、安価に大量生産ができ、また素朴な風合いを良しとする方もいます。ケタックが悪いと言うことではありません。

粗雑に作られた多くのケタックが「アタ製品」として売られており、アタ製品に対して良い評価を持ってい方が多いのです。

私たちRosilyは、ぜひ本物のアタ製品を見ていただきたいのです。

現地で買い付けを行うと・・・

どれだけ探しても、良いものがありません。

塗料やニスを塗ったり、防虫剤・防カビ剤を塗ったり。

残念ながら、そんなアタ製品が増えています。

私たちが考える「本物のアタ製品」は、どんどん少なくなっています。

良い職人が減っています。

買い付けバイヤーの中には、こんなリクエストをする人もいます。

「急いで作って欲しい」「安く作って欲しい」

急いで作ると形が歪み、また雑な仕上がりになってしまいます。

それを誤魔化すためにボンドを塗って形を整形し、塗料やニス、漆・柿渋などを塗っています。

手間のかかる燻しの工程を省き、代わりに防虫剤・防カビ剤を塗ります。

無理なリクエストをして、安易な技法に走らせることにより、良い職人がどんどん減っています。

本物のアタ製品だけを販売する。

バリ島とRosilyの未来のために。

私たちRosilyの使命だと考えています。